HOME > 撮影のお申込み

撮影のお申込み

撮影でのご利用

  東京芸術劇場では、ホールの催しに支障のない範囲で、TVドラマや映画の収録、商業広告(TV-CFなど)、雑誌のファッション撮影、カタログの撮影を受け付けております。

 以下の要綱をご確認のうえ管理課管理係までお問合せください。その後「東京芸術劇場 撮影申込書兼撮影許可書」をご送付いただき、企画・内容等について検討した上で使用承認を行います。


撮影申込書兼撮影許可書ダウンロード



問合せ先 東京芸術劇場管理係

東京芸術劇場の撮影利用に関する取扱い要綱

平成15年8月1日
館 長 決 定

(目的)
第1  この要綱は、東京芸術劇場(以下「館」という。)の撮影等の利用に関する取扱いについて必要な事項を定めるものとする。
(定義)
第2  この要綱に置いて「撮影等」とは、館内及び館の敷地内における映画、テレビドラマ、グラビア撮影等をいう。
(撮影利用可能施設)
第3  アトリウム、ロビー等の館内施設及び敷地内とする。
ホール等貸出施設の撮影利用については、別途貸出施設利用の手続きをする必要がある。
(撮影利用可能日及び時間帯)
第4  平日(休館日を除く。) 9:00~17:00
ただし、ホール等の催事に支障がない場合に限る。
館長は必要があると認める場合には、上記以外の時間帯においても利用を認めることができる。
(撮影料金)
第5  撮影料金は、別表「東京芸術劇場撮影等料金表」のとおりとする。
2 利用者は撮影料金を前納しなければならない。
(撮影料金の減額又は免除)
第6  館長は、特別の理由があると認めるときは、撮影料金を減額し、又は免除することができる。
(撮影料金の不還付)
第7  館長は、既納の撮影料金は還付しないものとする。ただし、館長は正当な理由があるときその他特に必要があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。
(利用の不承認)
第8  次の項目のいずれかに該当するとき、またホール等の催事に支障があるときは承認しない。
  • (1) 館の設置目的を逸脱するおそれがあると認められるとき。
  • (2) 公の秩序又は善良の風俗を害する恐れがあると認められるとき。
  • (3) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行う恐れがある組織の利益になると認められるとき。
  • (4) 館の他の利用者に不都合が生じる恐れがあると認められるとき。
  • (5) 館の施設又は設備を損傷する恐れがあると認められるとき。
  • (6) その他館の施設の管理・運営上支障があると認められるとき。
(注意事項)
第9  撮影等にあたっては、以下の注意事項を遵守すること。
  • (1) 撮影に要する照明は、原則としてバッテリー等の機材を用意すること。
  • (2) 飲食及び喫煙は所定の場所ですること。
  • (3) 施設及び設備等を破損したときは弁償すること。
  • (4) 制作者が申請を偽り、使用の不承認に該当したときは、損害賠償すること。
  • (5) 火災及び地震等の緊急事態発生時は、館の管理者の指示に従うこと。
  • (6) 撮影等により生じたゴミ等は持ち帰ること。
  • (7) 「撮影協力:東京芸術劇場」等のクレジットを表記すること。
(防災管理上の注意事項)
第10  撮影等にあたっては、以下の防災管理上の注意事項を遵守すること。
  • (1) 消火栓及び消火器等の前に機材をおかないこと。
  • (2) 天井等に設置してある、熱感知器・スプリンクラー等の下に、高熱を発する照明機材等をおかないこと
  • (3) 防火戸や防火扉を常時開放としないこと。
  • (4) 常に、避難路を確保することとし、通路等を機材でふさがないこと。
  • (5) 一般通行者の支障とならないよう、周囲の状況に配慮し、見物客等のたまりや捌きを管理すること。
  • (6) 万一、火災や事故が発生した際は、すぐに防災センターに連絡をとり、防災活動に協力すること。
  • (7) 撮影主体者の責めによる火災や事故で東京芸術劇場内の備品や施設を破損又は人的な損傷が発生した場合は、全て賠償責任を負うこと。
(申込・承認手続)
第11  申込・承認手続については、以下のとおりとする。
  • (1) 撮影希望の週の前々週の水曜日までに「東京芸術劇場撮影申請書」を館に提出すること。
  • (2) 毎週水曜日に翌々週分を締め切り、調整・審査を行い、撮影承認の可、不可について金曜日までに申請者に連絡する。
(撮影等の中止)
第12  館長は申請者が第9及び第10に定めた注意事項を守らない場合又は撮影内容が申請と異なる場合には、撮影の中止を命じ、以後もその者に対して撮影を禁じることができる。

(附則)

この要綱は平成15年8月1日に施行し、適用する。



<別表>

東京芸術劇場撮影料金表  (撮影時間帯・9:00~17:00)

撮影場所 撮影種別 スタッフ数 撮影時間 料金
  • アトリウム
  • 地下1階
    ロワー広場
  • 2階
    アッパー広場
  • 各ホール エントランス等
  • 外部敷地内
スチール撮影 1~9名 4時間以内 52,500円
8時間以内 105,000円
10名以上 4時間以内 63,000円
8時間以内 126,000円
映像制作
  • 映画
  • テレビドラマ撮影等
1~9名 4時間以内 105,000円
8時間以内 210,000円
10名以上 4時間以内 126,000円
8時間以内 252,000円
注)1 原則として、撮影時間帯は平日の9:00から17:00(昼間)までとします。
2 9:00から17:00以外の撮影時間帯については、特別な理由があり、財団が認めた場合は撮影を許可します。時間外撮影料は、所定料金の5割増とします。
3 有料貸出施設(ホール・会議室等)は、別途料金となります。
4 その他の費用
(1) 特別清掃料:通常の範囲外の清掃が必要となった場合は、実費を請求いたします。
(2) 原状回復費:当施設をき損及び破損した場合は、実費を請求いたします。
5 映画、テレビドラマの映像制作で利用する際は、「撮影協力:東京芸術劇場」等のクレジットの表記をお願いいたします。
6 撮影料金は、前納してください。
7 見物人等の整理は、利用者において実施してください。
8 休館日は、原則不可です。